ご挨拶

デルタテックラボラトリ代表 高瀬弘嗣
  

「FPGA・電子回路・EV(電気自動車)の設計技術で、持続可能な社会の実現に寄与する」を経営理念として、デルタテックラボラトリは2020年11月に創業、2024年4月に法人化いたしました。

弊社は、電子回路設計の他にバッテリマネジメントシステム、バッテリパックの開発や、バッテリ関連のコンサルティング業務を中心に、リチウムイオンバッテリ搭載製品の開発を行う企業様をご支援しております。

短期間でのバッテリマネジメントシステムやバッテリパック開発、電子回路設計の内製化、バッテリ製品の検査システム構築といったご要望にもお応えしております。

専門書籍の執筆、技術セミナーへの登壇を通じて、理論や技術を正確にわかりやすく伝えることに注力してまいりました。

これからも、弊社が培った技術と経験を電気電子分野における技術革新にお役立ていただけるよう、尽力していく所存です。

                                             デルタテックラボラトリ株式会社 代表取締役 髙瀨 弘嗣

プロフィール

1989年3月 岐阜県立岐阜工業高等学校電子科卒業
1989年4月~ 富士通(株)のLSI設計会社に入社
☞ SCSIプロトコルコントローラ、IEEE1394シリアルバスコントローラなどの特定用途向け汎用品(ASSP)の開発を担当
☞ ハードウェア記述言語のVerilogによる開発手法を習得
2004年1月~ ソニー(株)の業務用機器の設計製造会社に入社
☞ フロントプロジェクター、業務用カメラ用電子ビューファインダー、業務用モニターなどのセット設計、電子回路設計を担当
☞ セット検査用の信号発生器を2~3万円のFPGA実装基板で実現し、約100万円以上のコストダウンに成功
☞ 業務用モニターの製品開発ではプロジェクトリーダーを経験し、スケジュール、予算、進捗管理などのマネジメントスキルを習得
2012年6月~ EV(電気自動車)開発会社に入社
☞ フィリピン向け電動三輪車のECU基板設計、システム設計を担当
☞ ECU/BMU基板用検査装置を10万円程度のFPGA実装基板で実現し、約200万円のコストダウンに成功
☞ 現場ではチームリーダーとして、進捗管理、企画立案の他、若手技術者の育成にも尽力する
2020年11月 デルタテックラボラトリ開業
2024年4月 デルタテックラボラトリ株式会社を設立(法人化)