事務所の引っ越し

当設計事務所の場所を引っ越すことになりました…ただし、住所に変更はございません。岐阜市にあるコワーキングスペースのディライトで設計事務所を開設していますが、このディライトの二階から一階へ事務所を移動することになりました。私が入居した昨年(2020年)9月には二階にしか個室がありませんでした。その当時の一階は倉庫となっており、他の会社が使用されていたみたいです。
私が入居していた二階の個室は7部屋あり壁で仕切られてはいるのですが、上は空いているので半個室のような感じです。そのため、決して静かな環境ではなく、冷暖房の温度も自由に設定できない状況でした。また、個室のスペースは約1.2~1.3メートル四方で、デスクワークをするスペースとしては問題ないのですが、荷物を置いたり、他の作業をしたりするスペースとしては不十分でした。

二階の個室の入口
個室の中の様子

ディライトの一階に個室を増築

昨年の11月末にディライトの一階の空きスペースに個室が5部屋増築されました。この個室は完全個室(居酒屋のキャッチフレーズみたい…)で、各部屋にエアコンが完備されています。二階の個室に入居されていた何名かの方は、この一階に増築された個室へ移動されました。私の場合、開業したばかりで資金に余裕がなかったため(今も余裕はございません)、一階への移動は全く考えていませんでした。
ところが、今年に入って一階の倉庫部分に大きなセミナールームと個室4部屋を増築するという情報を聞き、将来的に電子回路基板の評価や図面チェックなどの作業スペースが必要と思い、当設計事務所の移動を考えるようになりました。しかしながら、この新たに増築される個室のスペースが広いこともあって、使用料が二階の個室の三倍近くになることが判明…。移動を断念しようと考えていましたが、一階の個室へ移動された仲良くさせていただいている方から、一階の個室が手狭になってきたので新しく増築される個室へ移動したいとの申し出がありました。その一階の個室の使用料は二階の個室の二倍近くにはなるのですが、なんとか支払っていける金額(希望的観測…)と即決し、その方が入居されていた個室へ移動することになったのです。

一階の個室に引っ越してみると…

一階の個室の入口
個室の中の様子

3月20日の春分の日に二階の個室から一階の個室へ荷物の引っ越し作業を行いました。移動する荷物はサイドラックや本、書類などだけなので、30分程度で終了…。一階の個室へ引っ越ししてみると、広い!今までの二階の個室のスペースと比較すると、三倍~四倍はあります。ミーティングスペースを設置できるくらいの広さがあります。これから、新たにテーブルを購入して作業スペースを増やしていく予定です。引っ越した個室で仕事をしてみると、二階に比べて雑音が少なく非常に快適で仕事に集中できるため、移動して正解だったと思っています。
ちなみに、この一階の個室の部屋番号は”101″、二階の個室の部屋番号も”1″だったので、”1″の数字に縁がありそうです。部屋番号と同じく、何事にもトップを取れるように尽力していきたいです。

ディライトの紹介

当設計事務所が入居するコワーキングスペースのディライトは、JR岐阜駅から南へ約1キロの場所に位置し、近くにドン・キホーテ(旧アピタ)がある非常に利便性が良いオフィスです。セミナールームやミーティングルームが用意されており、このホームページのトップ画面の写真はディライトのセミナールームで撮影しました。昨年4月にオープンしたコワーキングスペースですが、いまでは多くの方々が利用されています。どなたでも利用可能なので、興味のある方はホームページでご確認ください(決してディライトの回し者ではございません)。
ちなみに、ディライトのホームページで「利用者の声」として私が感想を述べていますので、よろしければご覧ください。

ご相談はお問い合わせボタンから

 弊社は多くの企業様へバッテリマネジメントやバッテリパック、電子回路設計の技術コンサルティングを行っています。このページをご覧いただいている方でご相談したいことがございましたら、右上のお問い合わせボタンをクリックしてご連絡ください。