新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
いまは2023年元旦の11時を回った頃です。曇天だった天気は、先程から我が家の窓から日差しが差し込んできています。元旦の天気が良いと気分良く過ごすことができます。
我が家では毎年元旦に兄弟・親戚家族が一堂に集まり、新年会を行うことが恒例となっています。2023年の元旦にこの新年会を迎えられたことを嬉しく思い、この2023年も無事に乗り越えられるようにと決意を新たにしています。

2022年を振り返って

2022年を振り返ると、当設計事務所のターニングポイントだったと思っています。大きな変化点は、事務所を大垣市にあるソフトピアジャパンに移転したことです。ソフトピアジャパンに事務所を構えたことで、サポートセンターにご紹介いただいた入居企業様とお知り合いになり、お仕事させていただく機会に恵まれました。事務所を移転する前には想像できなかったことであります。個人事業主でありながら、色々な方々に支えられていることを実感した2022年でした。
また、ホームページや私が講師を務めるセミナーを通じて当設計事務所の認知度が高まり、セミナー会社様からセミナー講師のご依頼や企業様から設計案件を受注させていただく機会を多く頂戴した2022年でもありました。

当設計事務所の2023年

すでにご報告の通り、二社の出版会社様からお声掛けいただき、バッテリ関連の原稿を執筆させていただきました。共著の専門書ではありますが、2023年内には出版される予定です。
また、セミナー会社様からのご厚意により、2023年4月までに4本のセミナー開催が決定しています。ご興味のある方は、当ホームページのバナーでご確認いただければと存じます。
その他には、EVの急速充電システムや電源装置などの設計サポート業務や新規設計案件などを受注しており、昨年同様に2023年も多忙な日々を過ごさせていただける感触を得ています。

2023年も当設計事務所は、昨年以上に皆様のご要望に尽力していく所存でございます。引き続きご愛願賜ります様、よろしくお願い申し上げます。また、2023年が皆様にとってご多幸に満ちた年になりますことを心より祈念申し上げます。

前の記事

開業2周年のご挨拶